研究活動

  1. トップページ
  2. 研究活動
  3. これまでの取り組み
  4. 2015年2月22日(日)2014年度RINDAS全体研究会 
  • 研究会・講演会
  • これまでの取り組み

2015年2月22日(日)2014年度RINDAS全体研究会 
 「第一期総括ならびに第二期に向けて」

開催日時2015年2月22日(日) 10:00 ~ 17:30
場所龍谷大学大宮キャンパス 清和館3階ホール


[プログラム]

 

※ 以下、プログラムでの登壇者名横のタイトルについては、ご報告いただくタイトルではなく、お話いただく内容の大括りのテーマ・トピックになります。


○ 第1部 第一期(2010年~2014年)「現代政治に活きるインド思想の伝統」の成果から
10:00~10:15  長崎暢子 「ガーンディーとアンベードカル」
10:15~10:30  若原雄昭 「『ダルマ/ダンマ』概念について、バングラデシュの仏教徒」
10:30~10:45  佐藤智水 「ボーディ・ダンマ師の活動と改宗仏教徒」
10:45~11:00  志賀美和子 「歴史研究とダリト」


(休憩 15分)


11:15~12:15  討論(司会:嵩 満也) [コメンテーター]横地優子、中村尚司



(12:15~13:25  昼食休憩 70分)



○ 第2部 第二期(2015年~2019年)「南アジアの思想と価値の基層的変化」に向けて
13:25~13:40  嵩 満也 「なぜ『価値の基層的変化』に注目するのか」
13:40~13:55  杉原 薫 「南アジア型発展径路と経済思想」
13:55~14:10  舟橋健太 「ローカル・リーダーの存在と下層民の台頭」
14:10~14:25  篠田 隆 「アンベードカルの労働観」


(休憩 15分)


14:40~15:40  討論(司会:長崎暢子) [コメンテーター]山根 聡、島根良枝

(休憩 15分)

○ 第3部 総合討論
15:55~17:25 (司会:舟橋健太)
[ディスカッサント]木曽順子、岡本健資、中根智子、吉田 哲

(のち、第1部・第2部での登壇者からの応答も交えつつ、オープン・フロアにして全体討議)

 

【連絡・問合せ先:舟橋健太(funahashi[a]ad.ryukoku.ac.jp)】[a]に@を代入。
(資料等準備の関係上、ご参加される方は事前にご一報をお願いいたします。)

 

※ なお、今回は、研究会の性質等から、参加は、基本的に、INDAS関係者(各拠点研究者ならびに参与者)に限らせていただきますこと何卒ご了承ください。