研究活動

  1. トップページ
  2. 研究活動
  3. これまでの取り組み
  4. 2015年12月12日(土) 2015年度RINDAS第4回研究会 [科研費・挑戦的萌芽研究「インド・マハーラーシュトラにおける集団意識とカース ト・ダイナミクスの学際的研究」(代表:足立享祐)共催]
  • 他拠点との連携
  • 研究会・講演会
  • これまでの取り組み

2015年12月12日(土) 2015年度RINDAS第4回研究会 [科研費・挑戦的萌芽研究「インド・マハーラーシュトラにおける集団意識とカース ト・ダイナミクスの学際的研究」(代表:足立享祐)共催]

開催日時2015年12月12日(土) 13:00~18:30
場所龍谷大学深草キャンパス 和顔館(わげんかん)4階・会議室2

日時:2015年12月12日(土) 13:00~18:30

会場:龍谷大学深草キャンパス 和顔館(わげんかん)4階・会議室2

 

[深草キャンパス・アクセス]

http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html

[深草キャンパス・施設地図]

http://www.ryukoku.ac.jp/fukakusa.html

(会場は、上記リンク地図内1番の建物になります。)

 

「マハーラーシュトラ州におけるダリトの実像:その社会的・歴史的多様性」

  “Dalits in Maharashtra: Their social and historical diversity”

 

【研究会趣旨】  

 被差別集団を意味する「ダリト」の語は、マハーラーシュトラ州で活動したB.R.ア ンベードカル等によってインド全土で広く用いられるにいたった。独立後、留保政策によってダリトの多くが指定カーストに認定されると、この語はそれまでの社会・文化的な意味に加えて、あたかも単一の利益集団であるかのように政治的な意味合いを獲得することになった。しかしながらアンベードカルの結党したインド共和党の分裂や近年の留保政策の行き詰まりは、ダリトを政治的な単一集団とみなすことの限界を示していると思われる。  

 ダリトと呼ばれる人々は、その信仰・慣習の形式や、社会・経済上の位置、政治・ 思想の動態などにおいてあまりにも多様であり、単一の概念として捉えきれるものではない。本セッションは、その内部に諸集団を包摂する「ダリト」という概念を再検討し、彼らの多様性について考えることで、これまでの「ダリト」像に修正を迫る。  

 ダリト研究は、アンベードカルを生んだマハーラーシュトラにおいて研究が蓄積され、我が国でも小谷、内藤らの先駆的な試みが存在する。本ワークショップでは、これらの研究に基づきつつ、この地域を専門とする諸分野の発表者が、文献学、歴史学(社会経済史・社会思想史)、人類学の立場からダリトの多様性を検証する。具体的には、各発表者が、アンベードカルの出身カーストであるマハールを中心に、マハーラーシュトラのダリトに注目し、彼らが他者からどのように捉えられ、また自らをどのように語ってきたのかを分析することを通じて、彼らの多様性を支えてきた社会・ 文化・歴史的背景を明らかにしていく。

 

代表・報告者

小川道大(東京大学人文社会系研究科/人間文化研究機構・研究員)

 

報告者

足立享祐(東京外国語大学総合国際学研究院・研究員)

飯田玲子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・特任研究員)

井田克征(金沢大学国際文化資源学研究センター・客員研究員)

小磯千尋(大阪大学外国語学部・非常勤講師)

 

コメンテーター

篠田隆 (大東文化大学国際関係学部・教授)

中村尚司(龍谷大学人間・科学・宗教総合研究センター 研究フェロー)

 

 

【プログラム】 (司会:小川道大)

13:00~13:15  小川道大「趣旨説明」

 

13:15~13:55  小磯千尋「ワールカリーサントの浄・不浄観とダリト」

 

13:55~14:35  井田克征「ケーシャヴ・ナーヤクの井戸:中世聖者伝におけるダリト像」

 

14:35~15:15  小川道大「18-19世紀のマハール集団の内部構造」

 

(15:15~15:30 休憩)

 

15:30~16:10  足立享祐「『尚武の民 』理論とマハール募兵問題 

                 ―カーンブレー Shivram Janba Kambleの活動を中心にー」

 

16:10~16:50  飯田玲子「タマーシャーの継承と再生産―タマスギールとは誰のことか?」

 

コメント

 

16:50~17:05  篠田隆

 

17:05~17:20  中村尚司

 

(17:20~17:30 休憩)

 

17:30~18:30  全体討論

 

 

【一般参加歓迎】

【連絡・問合せ先:舟橋健太(funahashi[a]ad.ryukoku.ac.jp) [a]に@を代入】

(資料等準備の関係上、ご参加される方は事前にご一報いただければ幸いです。)