研究体制(第1期)

  1. トップページ
  2. 研究体制
  3. 研究体制(第1期)

メンバー

龍谷大学現代インド研究センター長・拠点代表

嵩 満也(龍谷大学国際文化学部 教授)

構成員

  • 赤松 徹眞(龍谷大学文学部 教授/龍谷大学 学長)
  • 入澤 崇(龍谷大学文学部 教授/龍谷ミュージアム 館長)
  • 桂 紹隆(龍谷大学文学部 特任教授)
  • 佐藤 智水(龍谷大学文学部 客員教授/人間・科学・宗教総合研究センター研究フェロー)
  • 杉原 薫(政策研究大学院大学教授/龍谷大学経済学部客員教授)
  • 長崎暢子(龍谷大学人間・科学・宗教総合研究センター 研究フェロー)
  • 中村 尚司(龍谷大学人間・科学・宗教総合研究センター 研究フェロー)
  • 吉田 修(広島大学大学院社会科学研究科 教授)
  • 若原 雄昭(龍谷大学文学部 教授)
  • 三谷 真澄(龍谷大学国際文化学部 教授)
  • 岡本 健資(龍谷大学政策学部 講師)
  • 志賀 美和子(専修大学文学部 准教授)
  • 舟橋 健太(人間文化研究機構地域研究推進センター 研究員/龍谷大学現代インド研究センター 研究員)

研究体制イメージ

ユニット構成

龍谷拠点では、現代インド社会を空間的な多元性の動態において解明を試みるだけでなく、長大な時間軸のなかにみられるインド思想の変化と発展を研究するなかで、その現代的意味と可能性を解明するために、2つのユニットを設けて研究を推進する。

  • 研究ユニット1(第1期)の詳細へ
  • 研究ユニット2(第1期)の詳細へ