Need Help?

The Center for South Asian Studies(RINDAS)

Activities

2016年度第3回生存基盤史研究会*

Livelihood History Seminar 3: In Search of a New Paradigm of Global Environmental History

Date and time
2016年8月7日(日)14:00~17:30
Venue
総合地球環境学研究所 セミナー室1・2
Co-host
総合地球環境学研究所(RIHN)

報告者・タイトル:
 羽生淳子(RIHN/ UC Berkeley)
 「スケール・多様性・脆弱性―考古学と現代を結ぶ生態モデルの展開―」
 石井励一郎(RIHN)
 「熱帯林と草原における生態資源の利用形態と持続性の比較―ヒトと他の動物の共通点と違いに着目して―」